腎機能に問題があったり、人工透析を受けている人は、青汁の飲み過ぎには注意が必要です。

青汁を飲む時の注意点

 

これまで青汁は健康ドリンクとして不動の地位を築いてきましたが、たとえ栄養価が高く健康に良いと言っても飲み過ぎには注意が必要です。

 

青汁にはビタミンKが多く含まれていますが、このビタミンKはワーファリンなどの薬を服用している人が多く摂取すると熱が出たり呼吸困難を引き起こす恐れがあります。

 

また、心臓や脳、血管に病気がある人が医師から処方された薬と青汁を併用すると思わぬ副作用が現れる事もあるので注意が必要です。

 

また、一日に青汁を何杯も飲んで健康になったつもりでも飲み過ぎてしまうと逆に健康を害してしまう恐れがあるので要注意です。
青汁の過剰摂取によって吐き気や下痢、発疹などを発症する事がありますし、体質によっては便秘やアレルギー症状を引き起こす事もあります。

 

青汁にはケールや明日葉、大麦若葉といった栄養価の高い野菜が多く使用されていますが、これらの野菜に含まれる栄養素を過剰に摂取する事で腎臓へのダメージを与えてしまうケースも認められています。

 

特に腎臓に病気を抱えていたり人工透析をしている人は青汁をたくさん飲む事によって症状を悪化させてしまう恐れがあるので、青汁の飲み過ぎには注意が必要です。

 

青汁にはカリウムやリン、ビタミンAなどが豊富に含まれていますが、中でも「カリウム」には体内にある余計な塩分と結び付いて一緒に体外へと排出する作用があります。

 

しかし、腎機能に問題があったり人工透析を受けている人はこのカリウムを体外へと排出する力が弱く、体内にカリウムを留めてしまう結果となります。
そうなると高カリウム血症を引き起こして嘔吐しびれ不整脈血圧低下といった症状が現われてしまうことになります。

 

そのため、腎機能に問題を抱えていたり腎臓が弱っている人は青汁の飲用をなるべく避け、カリウムを体内に溜めないようにする事が大切です。