ケールに含まれている植物性のカルシウムは、体内への吸収率が非常に高いです。

青汁の原材料【ケール】

 

健康飲料として絶大な人気を誇る青汁ですが、使われている原材料には幾つかの種類があります。
複数ある青汁の原材料の中でも特にポピュラーなのは「ケール」と呼ばれるアブラナ科の一種としても知られる植物です。

 

ケールはキャベツの一種ですが、通常のキャベツとは異なり「不結球性」であり、一年中栽培できる非常に生命力の強い緑黄色野菜としても知られています。
ケールは栄養価が高いので健康飲料の代名詞でもある青汁の原材料の定番野菜として認識されつつあります。

 

ケールという野菜にはビタミン類カルシウムミネラルなどを筆頭にさまざまな栄養素がたっぷりと含まれています。
特に「ルテイン」と呼ばれる抗酸化物質がケールには豊富に含まれているため、癌や生活習慣病の予防だけでなく「アンチエイジング効果」なども期待できます。

 

ケールの原産地

ケールは元々、地中海沿岸部が原産の野菜ですが、温暖な気候さえあれば一年中栽培する事が出来て収穫量も多いため、現在では日本各地でも栽培されています。
ビタミンの含有量は他の緑黄色野菜に比べて圧倒的に多く、しかも栄養のバランスも良いので健康飲料である青汁の原材料として不動の地位を築いています。

 

 

ケールはカルシウム豊富!

ケールには現代人が不足しがちなカルシウムもたっぷりと含まれているため、日常的な摂取を続ける事によって歯や骨を丈夫にしたり、イライラを解消する効果なども期待できます。

 

カルシウムは吸収率の悪い栄養素としても知られており、牛乳などに含まれている動物性のカルシウムは摂取しても半分以上は吸収されずに体外へと排出されてしまいます。

 

しかし、ケールに含まれている植物性のカルシウムは体内での吸収率が高いため、日常的に摂取することで効率良くカルシウムを補給することが出来ます。
また、ケールには血糖値を押さえたり皮膚炎を抑制するなどの効能も期待出来るとされています。