意外に知らない青汁の血液サラサラ効果

青汁と血液

血液がドロドロとはその名の通り血の粘度が高くドロドロの状態であるようなイメージです。

 

そうなる原因としては食生活の偏りが挙げられます。

 

日本人の半分以上が野菜不足だと言われており、肉の摂取量は数十年前に比べると倍以上になっているそうです。

 

野菜をほとんど摂取しなかったり脂っぽいものばかり食べていたり、お酒を飲み過ぎたりしていると血はすぐにドロドロになってしまいます。
その他ストレスや運動不足なども原因と考えられます。

 

血液がドロドロだと動脈硬化や高血圧などの疾患が引き起こされてしまう可能性もあります。
そのためにもドロドロを改善してサラサラ血液にしなければなりません。

 

 

そんな時に役に立つのが青汁です。
青汁には食物繊維をはじめコレステロールを抑え込んでくれる栄養がたくさん含まれています。

 

その成分としては

 

亜鉛(ミネラル)
コレステロールの沈着を予防してくれる
青汁の原材料に多く使われている「ケール」に豊富に含まれています。

 

ビタミンB群
動脈硬化を進行させる過酸化脂質を分解する働きがある
明日葉」にはミタミンB群の成分がほとんど含まれているそうです。

 

じぶんの目的に合わせて原材料から青汁を選んでみるのもいいかもしれませんね。