桑の葉を食前や食中に摂取することで、血糖値の急激な上昇を抑制することが出来ます。

青汁の原材料【桑の葉】

 

以前はマズイの代名詞だった青汁ですが、今では各メーカーの企業努力によって子供でも美味しく飲める青汁が数多く市販されるようになっています。
青汁に使われる野菜も一種類だけではなく、明日葉やケール、大麦若葉や桑の葉など数種類の野菜が使用されている場合がほとんどです。

 

青汁に使われる野菜の中でも健康効果が高い事で知られているのが「桑の葉」ですが、その効能や効果は糖尿病の予防・改善食後の血糖値上昇の抑制高血圧の改善や中性脂肪値を下げる、コレステロール値を下げるなど多岐に渡ります。

 

また、桑の葉には腸内環境を改善して便秘を改善したり、肝臓や腎臓の機能を改善・回復させる効果なども期待できます。
最近では美容食品や健康飲料などに桑の葉が使用される事も多く、桑の葉の摂取による「ダイエット効果」なども注目を集めています。

 

桑の葉は日本各地に自生しており、クワ科の落葉樹としても知られています。日本が原産で古くから蚕のエサとして用いられてきた植物としても知られており、養蚕地を中心に桑の葉をお茶として飲む習慣も残されています。

 

 

日本国内では鎌倉時代から既に薬草として用いられていたという記録も残っています。桑の葉の持つ健康効果の中で代表的なのは「血糖値をコントロールする効果」であり、食前や食中に摂取することで血糖値の急激な上昇を抑制することが出来ます。

 

そのため、食事の前や食事の最中に桑の葉を使用して作られた青汁を一緒に飲む事で血糖値をコントロールする事も可能です。

 

また、桑の葉はビタミンCやビタミンB1、ビタミンB2やビタミンAが多く含まれていますが、ほかにも亜鉛や鉄分、マグネシウムやカルシウムといった栄養素も豊富です。
さらに食物繊維や各種フラボノイド、カロテンなども補給できるので非常に栄養価が高くバランスの取れた植物だという事が分かります。